【django】helloworldを出力する

 

こんにちは。のっくんです。

 

Pythonと違って、Djangoの場合はハローワールドまで行くのに少し手間がかかります。

 

Djangoを入れてからhello worldするまでを解説します。

 

 

プロジェクトを作成する

 

django_appという名前のプロジェクトを作ります。

 

Pycharmで編集するので、PycharmProjectの下に移動してからプロジェクトを作成します。

 

cd PycharmProject
django-admin startproject django_app

 

アプリケーションを作成する

helloという名前のアプリケーションを作ります。

 

cd django-app
python manage.py startapp hello

 

出来るとこんな感じのフォルダ構成になります。

 

pycharm

 

views.pyの編集

準備が出来たのでプログラムを書いていきましょう。

 

from django.shortcuts import render
from django.http import HttpResponse

def index(request):
    return HttpResponse("Hello Django")

 

HttpResponseをimportして、文字列”Hello Django”をブラウザに返す処理をindex関数の中に記載します。

 

urls.pyの編集

 

ユーザがアクセスしてきたときに、index関数を呼び出す処理をurls.pyに記載しましょう。

 

path( アクセスするアドレス、呼び出す処理 ) の形で書きます。

 

from django.contrib import admin
from django.urls import path
import hello.views as hello

urlpatterns = [
    path('admin/', admin.site.urls),
    path('hello/', hello.index)
]

 

ブラウザが /hello/ にアクセスしてきたら、hello/views.py のindex関数を呼ぶようにしました。

 

実行

 

python manage.py runserver

 

ブラウザで “localhost:8000/hello/” にアクセスすると、Hello Djangoが表示されるのを確認できます。

 

以上です。お疲れ様でした。

 

ABOUTこの記事をかいた人

個人アプリ開発者。Python、Swift、Unityのことを発信します。月間2.5万PVブログ運営。 Twitter:@yamagablog