ラズパイで温度と湿度を測る方法

 

DHT11と言うラズパイの部品を使って温度と湿度を測ってみました。

 

秋月電子で300円で購入できます。

 

使う部品は以下の通り。

  • ラズパイ 3 Model B+
  • ブレッドボード、ジャンパー
  • DHT11
  • 10kΩの抵抗

 

スポンサーリンク

DHT11とは

 

以下の青い部品ですね。とても小さいです。

 

ピンの役割ですが以下のようになっています。

1:3.3V-5V、2 : データ、3 : なし、4 : GND

 

ラズパイと配線

 

DHT11の1番をラズパイの電源、DHT11の2番を抵抗を通してラズパイのポート4、DHTの4番とラズパイのGNDを接続します。

初めて、5Vの電源を使っていきます。抵抗は10KΩです。なぜか、電源と抵抗ではなく、データと抵抗を繋ぎます。

 

コード

 

Adafruit_DHTと言うモジュールを使います。以下のコマンドで、ダウンロード、インストールしました。

 

pipコマンドでインストールできたか確認できます。

 

以下は3回温度と湿度を測るコードです。

 

 

3回ともうまく計測できた例です。

何回かやると湿度が100%超えて結構エラーが出ていました。安定性はあまりない感じです。

 

おわり。

参考