PlayerPrefsでカスタムクラスの配列を保存する

Unityで複数のGameObjectの位置、回転、スケールをまとめて保存するための方法です。

ゲームデータの保存には、PlayerPrefsを使っていきます。

保存するクラスは以下のようにしました。

保存したいGameObjectをインスペクタでセットします。

JsonHelperとはなんぞや。

JsonUtilityを使うとJsonのシリアライズができますが、配列は対応していないみたい。

なので以下のヘルパークラスを作って補います。

参考:https://stackoverflow.com/questions/36239705/serialize-and-deserialize-json-and-json-array-in-unity

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

個人アプリ開発者。Python、Swift、Unityのことを発信します。月間2.5万PVブログ運営。 Twitter:@yamagablog