精神科医が見つけた3つの幸福

精神科医が見つけた 3つの幸福 最新科学から最高の人生をつくる方法 単行本(ソフトカバー) – 2021/3/16

著者は樺沢さん。

アウトプット大全、メンタルブレイン強化大全が面白かったので、今回も買ってみた。

ブレインメンタル強化大全の書評はこちら↓

ブレイン メンタル 強化大全

本書では幸福を3つに分類し、最も重要なのはセロトニン的幸福としている。

セロトニン的幸福はドーパミン的幸福と比べて、長続きするのだ。

睡眠、運動、朝散歩を行うと分泌されるセロトニン。

セロトニンは自分の感情やメンタルをコントロールする手づなである。

セロトニンが足りずに感情やメンタルが落ち着いていなければ、鬱になって健康は阻害されるし仕事(人間関係)だってうまくいかない。

セロトニンは幸福になるために必須なのである。

確かに朝散歩は気持ちが良い。

早く寝て早く起きてコーヒーを飲みながら散歩する朝はとても清々しい。

ネガティブな感情がリセットされ、ポジティブな気持ちになる。

そうか。あれはセロトニンが幸福感をもたらしてくれていたのか。

今でこそ、朝散歩を実践するようになった私だが、数年前までは朝散歩や運動をせずに、週末は昼まで寝ている生活をしていた。

睡眠時間が日々変わる不規則な生活。

体重も増え続けていった。

日曜日の夜眠れないため、月曜日の朝は睡眠不足の状態で会社へ行き、些細なことでイライラしてしまっていた。

当時はメンタルが安定せずにイライラしたり、死にたいと考えることが多かった。

今考えるとセロトニン不足だったのではないかと思う。

「最近イライラしがちだな。」

自分でそう思うことができたなら、セロトニン不足を疑った方が良い。

規則正しい生活ができていないとセロトニン不足に陥る。

これは私が実体験で感じたことである。

規則正しい生活や睡眠を大事にしなければ、セロトニンが不足し、あっと言う間に病気になってしまう。

逆に、睡眠、運動、朝散歩をすれば、セロトニンを増やすことができてハッピーになれる。

メンタルが病んでいる人だけでなく、幸福になりたい人が読むべき良書である。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

個人アプリ開発者。Python、Swift、Unityのことを発信します。月間2.5万PVブログ運営。 Twitter:@yamagablog