【筋トレ日記】レッグプレスの平均重量を調べてみた

今日もセッセとジムに行きました。

日曜日の昼頃だから、マルチパワーが空いてるだろうと予想したが、めっちゃ混んでいる。

5人待ちだった。

20分*5人で100分待ちだが、とても待てる時間ではない。

トレーニングマシンで鍛えることに。

体重は75.3kgでほとんど変化なし。

  • アダクター 60kg 10回、3セット
  • ローロー 50kg 10回、3セット
  • チェストプレス 40kg 10回、3セット
  • レッグプレス 140kg 10回、3セット
  • ショルダープレス 35kg 10回 1セット、40kg 10回、2セット

 

レッグプレスは前回よりも-10kg重りを軽くした。

ショルダープレスは40kgで3セットやりたかったが、2セットに留まった。

スポンサーリンク

レッグプレスで鍛えられる筋肉ですが、大腿四頭筋と大臀筋に加えて、ハムストリングや内転筋、ふくらはぎも鍛えられます。

複数の筋肉を鍛えらえるので、コンパウンドと呼ばれます。

レッグプレスマシンをアマゾンで見てみたら12万ほどするみたいです。高いですね。

レッグプレスの平均的な重さを調べてみました。

https://kintorecamp.com/leg-press-average/

体重75kgの人がレッグプレスをするときの重さの平均は108kg~132kgで8回らしい。

私の場合は、140kgで10回なので、平均よりも重い重量をあげていることになる。

よかった、よかった。

 

おわり。

ABOUTこの記事をかいた人

のっくん

理系院卒で大企業の研究所に就職。 趣味はプログラミング、レアジョブ英会話、筋トレ、旅行。 Twitter:@yamagablog