【筋トレ日記】シャフトとプレート

土曜の昼ごろ、ジムへ行きました。

パワーリフティングが二人待ちだったのですぐに予約。

「あれ、あの重りのことをなんて言うのだろう?」

とブログを書いていて疑問に思った。

調べてみると、

wikipedia:

バーベル(英: barbell)は、重量挙げ、パワーリフティング、ウエイトトレーニング等に用いられる、シャフトと呼ばれる横棒の両端に、プレートと呼ばれる円盤形の重りを付け、固定したスポーツ器具である。

つまり、バーベル=シャフト+プレートのことらしい。

あの横棒はシャフト、重りはプレートと言うらしい。

今日も1つ賢くなった。

ブログのおかげだ。

私の通っているジムのシャフトは15.5kgだ。

それに10kgのプレートを両端に取り付けて、合計35.5kgの重量でトレーニングしている。

  • アダクター 60kg 10 4セット
  • ローロー 50kg 310 3セット
  • ベンチプレス 35.5kg,10回,3セット
  • スクワット 35.5kg,10回,3セット
  • デッドリフト 35.5kg,10回,3セット

重量はそこまでないが、1セット10回は結構きつい。

平日の仕事帰りだとストレスのおかげ?でトレーニングが捗るのだが、休日は3セットこなすのがやっとだ。

私の場合、休日よりも平日仕事帰りの方がパワーが出る。

デスクワークのストレスによって、体を鍛えたくなるのだ。