習慣が10割

「習慣が10割」、吉井雅之、を読んでみました。

人の人生は習慣によって作られているので、習慣は大事なことだ。

私はどうやったら習慣化できるか、具体的な方法が知りたかった。

どうやら脳は、好きなことは継続し、嫌いなことは避ける性質があると言う。

やめたい習慣があったら、嫌いなことであると脳に思い込ませるのが有効のようだ。

ゲームをやめたいのであれば、幼稚な遊びをこれからやろうとしている、と声に出す。

暴飲暴食を辞めたかったら、これから脂肪の塊を食べる、と声に出す。

英会話を継続したかったら、英語をすることで手に入るワクワクすることをイメージする。

海外旅行が楽しくなる、空港でのアナウンスが聞こえるようになる、海外の友達ができる。

ブログを続けるにはどうしたら良いか。

「とりあえず1行書けばOK」とする。

つまりハードルを下げると言うこと。

これは、他の本でもブロガーが紹介していた。

継続のためにはハードルを思いっきり下げること。

例えば、ランニングを継続するのであれば、運動服を着て外に出ることを毎日やる。

ブログも同じで1行だけ書けばOKとする。

筋トレも同じ。

「腹筋は1回でもOK」と決めるのが、長続きするコツ。

読書も同じ。

「毎日本を開く」を約束にすること。

本を開いて1行も読まずに閉じても良い。

漫画でも絵本でも良い。

本を開くのは楽しいと脳に記憶させる。

ちなみに最近はKindleがあるので、スマホで本が読める。

私はこの本もスマホで読んでいる。

スマホで読めるので、通勤中、ランチタイム、退勤中に本を読んでいる。

読書を習慣化するのであればKindle Unlimitedがオススメ。

あと私は、本を読むときには、全部のページを読もうとしないようにしている。

1部熟読法といって、自分が気になったところだけを読めば良い。

本は大概水増しされているものなので、冗長化されている。

冗長な部分や自分にとってつまらない部分は読まなくても良い。

「人に能力の差はなし。あるのは、習慣の差」だけである。