【筋トレ日記】筋トレを継続するための秘訣

今日は仕事帰りに筋トレ。

パワーリフティングをしたかったが平日なのに空いていない。

仕方がなくトレーニングマシンで体を鍛えることにした。

体重は75.3kgでほぼ変化なし。

トレーニングメニューはこちら。

  • アダクター 60kg 10回、3セット
  • ローロー 50kg 10回、3セット
  • レッグプレス 140kg 10回、 3セット
  • チェストプレス 40kg 10回、 3セット
  • ショルダープレス 40kg 10回、 3セット

 

4月から始めた筋トレだが気づけば2ヶ月経っていた。

ハードルを下げると筋トレは継続しやすくなる。

そもそも筋トレがハードだと感じてしまうと継続できない。

筋トレでよく言われているのが、自分が10回繰り返しできるギリギリの重さにした方が良いことだ。

だが、初心者にありがちなのが、プライドや見栄を張って必要以上に重りを重くしてしまうことだ。

そうすると体が拒否反応を示し、体が疲弊したり夜眠れなくなったりする。

そうすると、筋トレ=ハード というイメージが脳内に定着し、気づかないうちに筋トレに通わなくなってしまう。

筋肉をつけるには継続が何より大事だ。

数週間やったからといって、劇的に筋肉が増えることなどありえない。

筋トレをすると筋繊維がブチブチ切れ、チビリチビリと筋肉がついてくる。

ものすごく地味だが、継続することで少しずつ効果が得られる。

筋トレ=辛いと思うくらいなら、重りを少し軽めにした方が良い。

10回ギリギリできる重さと言ったが、死ぬほど頑張って10回できる重さではなく、少し頑張って10回くらいの方が良い。

そうすると、仕事帰りに少し筋トレやっていくかという気になる。

この「少し」というのが大事だ。

ハードな筋トレだと、

「今日は疲れているからまた今度にしよう。」

という気持ちになる。

「そんなにハードじゃないし少しくらいやって行くか。」

と思うくらいのメニューにすることが大事だ。

ハードルは極限まで下げること。これが継続の秘訣だ。

実は筋トレだけでなく、これはブログや英会話にも当てはまる。

レアジョブも25分という短さだからこそ4年も続いている。

ブログも1記事あたり数行でもOKというルールを決めているからこそ、150日毎日更新できている。

 

おわり。