ダイエットのための食事改革【30代男性】

こんにちは、のっくんです。

30歳のおっさんがダイエットを始めてもうすぐ2ヶ月になりますが、体重と体脂肪率はグングン落ちています。

まずは体重。

ナイアガラの滝のように落下し、79kg→72kgを達成。

次に体脂肪率。

こちらは揺れ幅が大きいので見辛いですが、19%→14%と変化しています。

Health Planetと言うiPhoneアプリで毎日計測しています。

ダイエットで1番大事なのが食事の内容を変えること。

ダイエットを始める前と後で、食べたものを比較してみました。

ダイエット前 ダイエット開始後
食事 ラーメン、カツカレー、餃子、チャーハン、唐揚げ、ハンバーガー、フライドポテト(L)、アイス、ドーナツ、牛丼、カレー牛、ステーキ、チョコレート サラダ、バナナ、りんご、玄米、オニギリ、目玉焼き、海藻類、鯖、イワシ、秋刀魚
外食のお店 王将、ゴーゴーカレー、つけ麺屋 やすべえ、マクドナルド、天下一品、CoCo壱、いきなりステーキ

はい、ダイエットを決意しこれだけ食事の内容を変えました。ダイエットを始める前は、高カロリーな食事を食べ続けていました。よく行っていたゴーゴーカレーのカツカレーは今考えると相当カロリーが高かったのではないでしょうか。王将などで食べていた餃子、チャーハン、ラーメンも糖質がたっぷり含まれています。マクドナルドもよく行っていましたね。フライドポテトは必ずLサイズを注文していました。こりゃ太りますよね。

ダイエットを開始し、サラダやフルーツをメインで食べるようにしました。あとは海藻類と青魚ですね。海藻類と青魚は脂肪を吸収する力があるのでオススメです。最初は物足りない感じがしますが、慣れてくると気にならなくなります。チョコやお菓子を食べたくなったら、代わりにみかんやバナナを食べるようにしています。

 

ダイエットに大事なのは食事ですが、睡眠も大事です。睡眠不足になると、カロリー高めのものを食べたくなり摂取カロリーが増えるからです。スタンフォード大学のマシュー・ウォーカーの研究チームは、睡眠不足の脳は高カロリーの食べ物を好む傾向があることを明らかにしました。睡眠不足の人が欲しいと思ったカロリーはたっぷりと寝た人よりも600キロカロリーも多かったことが明らかになっています。また、深夜に起きていると太りやすいとも言われていますよね。つまり、ダイエットには早寝早起きが必要なのです。

運動については毎朝1kmのジョッギングと週1〜2で筋トレをしています。最近は朝の時間にジョギングするのが気持ちよくなってきました。

1口にダイエットといっても、早寝早起き、十分な睡眠、運動、食事メニューの変更、とやるべきことは意外と多いです。そしてこれらは1日だけやっても意味がありません。継続しないといけないので、習慣化することも鍵になってきます。

20代の時はもっと簡単に体重を減らしていたのですが、30代になると体重を減らすことが難しいと実感しています。ですが以上のことを習慣化することで、確実に痩せることができると身を以て実感しています。